国際結婚手続き

婚姻要件具備証明書について

婚姻要件具備証明書は、結婚を希望している方が、その方の本国の法律上(日本で言えば民法上)、
婚姻の成立要件を満たしていることを証明する書面で、各国の公的機関が発行します。

独身証明書などと呼ばれることもありますが、通常、各国の法律では独身であること以外にも
法律上の婚姻要件はあるはずですので、婚姻要件具備証明書と独身証明書とは、完全にイコールではありません。

日本では、法務局又は本籍地の市区町村役場で発行しています。日本国内では、法務局が発行するものも
市区町村役場が発行するものもどちらも法的に有効です。
しかし、例えば中国などは、法務局発行の婚姻要件具備証明書(つまり、国が発行したもの)以外は
認めないこととしていますので注意が必要です。

東京法務局の場合、婚姻要件具備証明書の交付は申請(請求)の当日ではなく、翌々日(翌々営業日)となっていますので
注意が必要です。
 
【必要書類】 ※各法務局で再度ご確認ください。
① 請求者の戸籍謄本または抄本(直近のもの) 1通
② 請求者の本人確認書類(パスポートなど)
③ 請求者の印鑑
 
婚姻要件具備証明書には、請求者が提出する証明書交付請求書の記載に基づいて、婚姻する相手方の氏名・性別・生年月日・国籍が記載されます。
中国人のお相手の名前が簡体字のときは、対応する日本の漢字を調べておく必要があります。
 
また、婚姻要件具備証明書の請求、受領ともに、不正取得を防止するため必ず御本人の法務局への出頭が必要です。
代理人による請求及び受領や郵送によることはできません。

婚姻要件具備証明書は、ビザ専門のアルファ・サポート行政書士事務所にご相談ください。 

 

婚姻要件具備証明書

婚姻要件具備証明書を入手して国際結婚が完了

したら、次はいよいよ最大の難所、ビザ申請です。

 

配偶者ビザの申請は、姉妹サイトで情報収集!

左の画像をクリック。