国際結婚手続き

配偶者ビザの審査の厳しさについて

なぜ、結婚は成立したのに、ビザがもらえない・・・ということが起こるのでしょう?

 

  配偶者ビザの審査は大変厳しいですが、その背景には、偽装結婚による逮捕件数が年々増加していることに

  あります。のちほど、検索エンジンで「偽装結婚」というキーワードで検索していただければ、現状を把握すること

  ができるかと存じます。

 

  日本の配偶者ビザをもつ外国人は、就労に制限が無い、つまりどんな仕事に就くことも可能なため、日本で

  お金を稼ぎたいと考えている外国人にとっては、とても魅力的な在留資格です。

 

  そこで、日本に来たい外国人や、すでに日本に住んでいる外国人は、知り合いの日本人に頼むなどして、

  あるいは偽装結婚を斡旋する違法なブローカーを通じて、日本人と偽装結婚し、日本人の配偶者等の在留

  資格を手に入れています。

 

  警察による偽装結婚の摘発数が増加している現状は、そのまま、入国管理局が偽装結婚を見抜けずに在留

  資格を与えてしまっていることの裏返しで、そのため、審査も厳しいものになっています。

 

  日本の国際結婚手続きは「届出制」であるため、諸外国と比較しても突出して結婚が成立しやすい制度です。

  このため、無事に結婚手続きを完了して法律上夫婦になれた方々が、同じような感覚で、安易に配偶者ビザを

  申請すると、不許可という結果を得ることがあります。

 

  配偶者ビザは、結婚手続きと違って「許可制」です。届出制と許可制の違いを簡単にご説明すると、

  届出制は、「原則として自由にできるが、行ったのなら教えてくれ」という制度で、

  許可制は、「原則として禁止されているが、特別に許されたものだけできる」という制度です。

  つまり許可制より届出制の方が、規制の程度がはるかに緩い制度ということがお分かりいただけるかと存じます。

 

  国際結婚手続きは、簡単に成立する届出制、配偶者ビザは許可制であることから、結婚は成立したのにビザが

  もらえない・・・という状況が生じうることになります。

 

 

 >> ビザに関する情報盛りだくさんの、弊社メインサイトへお越しください。

【無料相談】    
配偶者ビザなら、ビザ専門のアルファ・サポート行政書士事務所にご相談ください。

 

配偶者ビザの審査の厳しさ、その他の情報満載の、弊社メインサイトにお越しください。>>