国際結婚手続き

配偶者ビザが不許可になりやすいケース

弊事務所には、ご結婚相手の配偶者ビザの申請が不許可となったケースが多く持ち込まれます。

それらには一定のパターンが見られますので、その一部をここでご紹介いたします。


配偶者ビザに関する情報収集は、

専門の姉妹サイトへ。


左の画像をクリック!

1. 初婚でない(=離婚歴がある)

       単に離婚歴があるだけで不許可をいたずらに恐れる必要はまったくありませんが、たとえば、

       前婚の外国人配偶者と結婚直後に離婚されているケースなどは要注意です。

 

2. 身内に結婚を知らない人がいる

       色々なご事情で、親しい親族(ご両親や実子)にご結婚を知らせていらっしゃらないケースは

       ままあり、それは仕方の無いことなのですが、結婚をご存知の方がごく少数だと、偽装結婚で

       はないのか? と疑われることにつながります。

       逆に、結婚式を盛大に開き、参加者が多数いることなどは、プラス材料です。

 

3. 現在の在留資格の期限ぎりぎりに結婚した

      外国人の方の中には、たとえば就労ビザなどが更新不許可になったり、次回の更新が厳しいと

      感じると、ならば日本人と結婚してビザを得て、日本に滞在しようと考える方がいらっしゃいます。

      このようなビザ目的の結婚は端的に偽装結婚ですが、このような場合はどうしても在留期間ぎり

      ぎりに結婚するケースが多いため、在留期限ぎりぎりに結婚された場合は、いらぬ疑いをかけら

      れないように工夫する必要があります。

 

4. 保証人の年収が少ない

      保証人には配偶者がなることとされていますが、保証人の年収が少ないと、配偶者が入国しても

      生活することができないと判断され、不許可とされることが多くあります。

 

5. 同居していない

     配偶者ビザを申請する際には、すでに外国人の母国及び日本に於いて結婚手続きが完了して

     いることが基本です。結婚後も別居している事実は、偽装結婚を疑われる端緒となります。

 

6. 納税していない

    収入が少なく非課税扱いになっている場合は、さらにもう一人追加で扶養することは困難と

    考えられますので、不許可になる可能性が高くなります。

 

7. 物証(写真や通信記録)が少ない

   いろいろな理由から物証が少ないことはあります。単に写真うつりが悪いので2人で写った写真は

   ほとんどないという方や、付き合っていた当初、おつきあいを隠さなければならない事情があった

   (恋愛が禁止されている技能実習生との恋愛や、当初不倫関係にあったなど)方など様々ですが、

   「籍を入れた」という事実以外に物証があまりない方は要注意です。

 

8. 恋愛期間が短い

    つきあい始めてから短い期間で結婚に至った方や、お付き合いの期間は長いが、そのうち大半が

    インターネットを介した超遠距離恋愛であるなどという場合は、申請に工夫が必要です。

 

9. お互いの母国語を理解できない

   お互いの母国語を理解できない場合は、きちんと意思疎通できているのか? 偽装結婚ではないのか?

   という入管の疑念を払拭する必要があります。

 

配偶者ビザに関する情報収集は、

専門の姉妹サイトへ。


左の画像をクリック!